泰岳寺境内には山門・本堂・庫裏をはじめ、分譲のできる墓地、遺骨を納めることのできる納骨堂、行事などに利用できる貸出可能な花園会館があります。

境内案内

泰岳寺の境内 泰岳寺の境内をご案内いたします

本堂

泰岳寺の本堂は開創500年記念に伴い、昭和63年(1988年)に改築され同年5月3日に落慶されました。
本堂の中心には須弥壇があり、本尊様として観世音菩薩が安置されています。
また両脇には、達磨大師と泰岳寺を開山した仁済宗恕禅師でが安置されています。さらには、本堂の南西側に賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)、北西側には阿弥陀如来が安置されています。
本堂の北側は位牌堂が連なっており、寺院の歴代住職並びに檀信徒の方々の位牌が並んでおります。
泰岳寺における主な行事はここで行われます。

庫裏

泰岳寺の庫裏は、本堂と共に昭和63年(1988年)に改築工事が完了し、同年5月3日に全面改築並びに落慶されました。
和室および洋室があり、各行事において様々な場面で活用されております。また庫裏東側ならびに本堂脇には椀頭(沸騰室)があります。通常の玄関と大方玄関があり大方玄関は行事の際に主に使用します。それぞれの各和室からは中庭を見ることができ、その奥には茶室がございます。
御用のある方は右側の玄関からインターホンにてお知らせ下さい。

納骨堂

泰岳寺の納骨堂は本堂の西側に位置しており、本堂および庫裏の改築工事に遡ること3年の昭和60年(1985年)に建立されました。
中心には須弥壇があり釈迦如来が安置されており、納骨されている御先祖様方をお守りしています。
それぞれがロッカー形式で区切られており、その中にそれぞれ納骨することができます。
現在の泰岳寺における古い建物の内の一つです。

泰富稲荷

泰岳寺境内には家内安全・五穀豊穣・商売繁盛・福徳円満の守護神とされる稲荷の神様が、泰富稲荷としてご奉安されています。
泰岳寺の参道西側において多数の赤い鳥居が立ち並び、お稲荷様へと導いております。
当泰富稲荷は江戸年期文久の時代に、泰岳寺十一世樵雲和尚と地元有志が、京都伏見稲荷神社より御分身をお迎えしたことにはじまります。
毎年2月の第4日曜日には、泰富稲荷大祭が行われます。

花園会館

昭和63年(1988年)の本堂並びに庫裏改築に伴い、泰岳寺境内に多目的ホールとして花園会館が建立されました。会館の名称は大本山妙心寺に隣接する宿泊施設である花園会館に由来します。
30畳ほどのホールと、2部屋からなる24畳の和室および沸騰室・洗面所を完備しています。
以前は葬儀ホールとして活用されていましたが、現在では泰富稲荷大祭の際に福引場所として活用されております。
貸出も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

山門

泰岳寺の南側には、そのお寺の玄関ともいえる山門が建立されています。そして山門から伸びる参道はそのまま本堂へと通じています。また山門西側には泰岳寺で唯一の桜の木がございます。
15代目の住職である雍山宗粛のときに、名古屋城の赤門(三の丸門)を寺の山門として貰い受けたといわれています。開創500年記念の改築に伴い石塔も新たに建立されました。
住職になるための儀式である晋山式などでは、この門で一句唱えてから泰岳寺に入寺します。
現在の泰岳寺における古い建物の内の一つです。

ページの先頭へ