泰岳寺では毎年8月に盆施餓鬼と棚経を行っております。お盆の時期における祥月命日や先祖供養等もお気軽にご相談ください。

盆施餓鬼

お盆の行事 一年に一度はご先祖様にご挨拶を

泰岳寺のお盆

盆施餓鬼の様子の写真

泰岳寺では毎年8月10日盆施餓鬼会(通称:せがき)が行われます。
一年間を通して、泰岳寺におけるもっとも大きな行事です。

例年檀信徒の方々には泰岳寺に来て頂き、本堂においてご先祖様の卒塔婆を立て、施餓鬼のお参りをしていただきます。
また施餓鬼後の8月11日〜15日にかけては、こちらから檀信徒の方々の家に出向き、各仏壇の前でお経をあげる棚経が行われます。

年に一度、自分たちのご先祖様へ、ご挨拶をいたしましょう。

盆施餓鬼および棚経

平成28年の泰岳寺の盆施餓鬼会および棚経の詳細は下記の通りです

施餓鬼塔婆と施餓鬼旗の写真
施餓鬼日程
日 付 平成28年8月10日(水曜日)
場 所 泰岳寺 本堂(庫裡にて受付)
時 間 午前8時00分 〜 午後4時00分
(受付は午後3時30分までにお願い致します。)
施餓鬼時間割
時間 対象地区
8:00〜8:10 寺中・富ヶ丘・乾島
8:10〜8:20 御油東・御油西・御油北
8:20〜8:30 塚越南・塚越北
8:30〜8:40 北御油南・北御油北
8:40〜8:50 寄京南・寄京北
8:50〜9:00 田中・駅前
9:00〜9:10 駅南・土井の口・上三・上条本町
9:10〜9:20 下条東・下条西
9:20〜9:30 下条中・下条四方
9:30〜9:40 下津南・下津北
9:40〜9:50 津入・杁ヶ島・赤堀
9:50〜10:00 幟・東邦・勝川・鳥居松1組・鳥居松2組
10:30〜12:00
(11:30受付終了)
初盆(一年以内に亡くなられた方)
13:00〜16:00
(15:30受付終了)
別施餓鬼(地区以外)

施餓鬼の法要では、本堂の御参りが終わると卒塔婆をお配りしています。
この卒塔婆は法要後に、各お墓または仏壇に立ててご供養して下さい。

棚経地区別日程
日付 対象地区
8月11日(木) 遠近
8月12日(金) 乾島・津入・上条本町・杁ヶ島・駅南・鳥居松1組
塚越南・塚越北・寄京南・寄京北・北御油南北
富ヶ丘・寺中・御油東・東邦・幟
8月13日(土) 小野団地・勝川・遠近
下条東・下条西・下条中・下条四方
8月14日(日) 赤堀・鳥居松2組・駅前・弥生町・遠近
下津南・下津北・田中・御油西・御油北

棚経は例年通り早朝から周る予定です。
各日付とも多件にわたる為、詳細な時間については決めかねますのでご了承ください。

施餓鬼とは?

施餓鬼塔婆と施餓鬼旗の写真

施餓鬼とは、「悪道におち飢に苦しんでいる餓鬼(がき)に飲食を施して、善根をもって亡者の罪を減じ追福を願うため修する法会」であります。要するに、 お供え物を施すことにより得られる功徳(くどく)を、自分ならびにご先祖様にめぐらせる儀式であります。

そもそも『お盆』という言葉は、中国から伝わった『盂蘭盆(うらぼん)』に由来するといわれています。 その起源は古く、インドにおいて雨季に僧院にこもって修行をする僧たちに、在家信者が食事をささげたのが始まりとされています。
それが中国・日本に伝わる過程で、自分たちのご先祖様にもお供えをするようになり、お盆にお寺参りやお墓参りが行われるようになりました。 それまで日本に根付いていた精霊送りとも合わさって、お盆に先祖供養の法要が行われるようになったともいわれています。

また中国においては盂蘭盆経(うらぼんきょう)という、餓鬼に施すことによって功徳を得るという目蓮尊者の伝説もあります。

目蓮尊者のお母さんは、生前において自分勝手で悪いことばかりをしていました。
そのため死後の世界においては餓鬼道に堕ちていたところを、目蓮尊者は神通力によって母を発見してしまいます。
いたたまれない目蓮尊者は、なんとか母を救ってあげたいとお釈迦様に相談したところ、
「餓鬼の為に棚を作って、お米とお水をお供えしお経をあげなさい」 と教えられました。
そしてその通りにしたところ母は救われました。

これが日本にも伝わってお盆のお供えと合わさり、旧暦7月15日の盂蘭盆に施餓鬼の法要が行われるようになったともいわれています。 さらにこの時救われたことを祝ったというのが、今の盆踊りの元にもなったと言われています。

ページの先頭へ