泰岳寺では毎年1月に祈祷による大般若会を行っております。大般若経を転読し一年のはじまりに平和を願います。

大般若会

達磨忌・開山忌 一年のはじまりに平和を願う

大般若会とは?

大般若の様子の写真を撮影中

大般若会は、『大般若経』という600巻の経典を転読します。
それにより『般若経』の空の教えを体得し、すべての苦厄を消しさって内外の怨敵を退散させます。
さらには五穀豊穣や国家安寧を祈念すると共に、人々を幸福な生活に導くことを目的とした大法要です。
私たちになじみの深い『般若心経』も、この『大般若経』の心髄をわずか262文字に治めたものといわれております。

全国各地で禅宗寺院に限らず、多くの宗派の寺院でこの大般若会は行われております。

泰岳寺の大般若会は、毎年1月24日に国家の繁栄と平和および、檀信徒各位の健康と、家内安全・五穀豊穣・厄災削除を祈念して法要が行われます。
たくさんの檀信徒の方に参詣して頂いており、法要後にはぜんざいをお配りしています。

泰岳寺の大般若会

2017年(平成29年)の大般若会は、以下の通り行う予定です。
皆様の御参詣をお待ち申し上げます。

日程詳細
日 付 平成29年1月24日(火曜日)
場 所 泰岳寺 本堂
参集時間 午後1時30分
法要時間 午後2時から約1時間

般若会札について

般若札の画像を撮影中

参詣者及び泰岳寺の壇信徒の方には、祈祷した般若札をお配りしております。

般若札は玄関または仏壇に祀ってください。

ページの先頭へ